はげる前に薄毛予防

薄毛でないと理解されない男性用の薄毛予防

近年、薄毛になる人は増加傾向にあります。薄毛への取り組みは実際に髪が減ってきてから行われ、事前の取り組みは理解されにくいが手遅れになる前の薄毛予防がとても重要になります。とくに薄毛は男性に発生しやすいため今回は男性用の薄毛予防中心に記載いたします。
まず薄毛の原因は生活習慣の乱れや食生活・ストレス・男性ホルモン等が大きく影響します。しかしそれを理解していてもなかなか問題を改善できず、進行する傾向にあります。
まず生活習慣について、睡眠時間が短くなると体内サイクルに乱れが生じやすいです。とくに午後10時~午前2時は代謝が行われやすいため、しっかりと睡眠をとる必要があります。シャンプーに関しては、男性用シャンプーは洗浄力が強く、頭皮トラブルを引き起こす可能性もあるため、かゆみやフケが増えるようなら変えるべきです。
次に食事に関しては、脂身の多いものを多く摂取すると頭皮の油の分泌が盛んになり毛穴がつまりやすいです。また亜鉛やタンパク質は髪を作るに辺り重要な栄養素となるため、しっかりと取ることが重要です。
最後に男性が薄毛になりやすい要因として、男女のホルモン差が大きな要因となります。髪の登頂部は女性ホルモン・側頭部と後頭下部は男性ホルモンが主に担っています。女性に比べ男性は女性ホルモンが少ないため、薄毛になるリスクが高くなります。直接女性ホルモンを打つことはホルモンバランスを崩しかねません。そのため、サプリや食物から摂取する方法がより負担なく薄毛予防に繋がります。栄養素の中で大豆イソフラボンは女性ホルモンに酷似した働きを行います。そのため大豆製品(豆腐や豆乳・納豆等)を毎日取るように意識することが重要です。
今回、あくまで男性用の薄毛予防を目的にまとめておりますが女性にも共通して言えます。乱れた生活を続けると薄毛になるリスクが高まることを理解し、行動することが重要となります。